Daiei Trading Co., Ltd.
中華食材指南 Foods Guide
【鶏粉】 チキンパウダー
中国で最もスタンダードなスープベース

チキンパウダーとは、中国語で「鶏粉」(ジーフェ
ン)などと呼ばれる粉末チキンだしのこと。香港は
もちろん、中国各地でも非常にポピュラーな調味料
で、日本でいえばかつおのだしの素のような存在で
す。お湯に溶かして調理用スープにしたり、粉末のま
まだしの素やうま味調味料として使ったり、食材・調理法を問わず、様々な料理に使われています。

手間をかけずにおいしさアップ!

調理用スープは炒めものによく使われますが、野菜や海鮮をボイルする時にも便利です。たとえば香港では、「油菜」(ヤウチョイ:青菜のボイル)や「白灼蝦」(バッチョッハー:ゆでえび)などを作る時、素材のうま味をさらにアップさせるために、店によってはお湯でなくスープでボイルしたりします。沸騰したお湯にチキンパウダーを入れて素材をゆでるだけなので、面倒な手間もいりません。

塩やこしょうのように、そのまま使える!

お湯に溶かさず、塩やこしょうのようにそのまま使えるのも、チキンパウダーの魅力です。日本で“中華スープの素”といえば、半練りタイプや顆粒タイプが一般的ですが、粉末状のチキンパウダーなら、餃子のあんや肉の下味付けでもうま味がしっかり浸透し、風味を外へ逃がしません。もちろん、炒飯など余計な水分を与えたくない料理にもおすすめです。ちなみに、香港で定番の蒸し鶏「白切鶏」(バッチッガイ)にかかっているしょうがとねぎのたれ「薑葱油」(ギンチョンヤウ)は、チキンパウダーを入れるのがコツ。このひとさじで、ぐっと香港らしい味になります。

チキンパウダー万能活用法